The Leftovers
by Diane Henshaw / ダイアン・ヘンショウ

2010.11.12(金)- 12.24(金)11am - 19pm

12.13(月) - 12.18(金) の間は、アティースト来日予定。お会いしたい方は、予約してください。

(ご予約お待ちしております。)

The artist will be in Tokyo between 13th -18th Dec. Should you wish to meet her, please make an appointment.

11月20日(土) - 12月8日(水)は画廊は閉まっています)

Diane is based in Northern Ireland. Born 1973. Introduced to S.I.B. by the Floating World exhibition. 

ダイアンは1973年生で、北アイルランド在住、北アイルランド/アルスター大学ファインアート修士課程を2000年に終業。SIB現代美術には、2010年4月に行われたFloating World 展でデビュー。

不定期に画廊が閉まっておりますので、基本予約制にしております。ご来場の際はご連絡下さい。

連絡先はTel 03-3552-5090 / mail@s-i-b.net

Copyright / Diane Henshaw
Artist's Statement /アーティストノコメント

Henshaw deals with the abstract and has an obsession with Searching for the perfect line - her work known for it's paired down lines and formulated composition has developed to a new enterage of blasting hues and tones using a plethora of line, print, collage & form.  Henshaw synonymous for her use of gestured line and process work - works blind - detraining the well educated eye - and focuses on the apparent, the banal and diary stylized method of dealing methodically with the abstract.

Diane Henshaw graduated with her Degree in Fine Art from the University of Ulster in Belfast in 1995 and with her Masters in Fine Art from UUB in 2000.

 ダイアン・ヘンショウは、作品の中に「抽象」をとり扱い、同時に完璧なる線を描くことに虜になっている。彼女の重複した線描と、定形化された構図には、過多な線画や印刷手法、そしてコラージュ等から成り立つ色彩と色調の層が飛び交っている。

 ヘンショウの代名詞ともいえる、しぐさ的に描かれた線と、時には盲目で行うその作業過程は、「抽象」という対象を整然とした方法で取り扱うことで、明確で、単純な、日常に照準を合わせ、高度な教育を受けた視線をも「非」養成させてしまう。

 ダイアン・ヘンショウは、北アイルランド/アルスター大学ファインアート学部を1995年に卒業したのち、同大学にて2000年にファインアート修士課程を終えている。

 SIB現代美術  2010/10月

The show is supported by